なんだな無性に食べたくなる物

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近無性にピーナッツを食べたくなり、カーペットにピーナッツのうす皮が落ちて掃除が困難なりその時点でsuzukaです。

最近無性にピーナッツを食べたくなり、カーペットにピーナッツのうす皮が落ちて掃除が困難なりその時点切腹の羽田陽区バージョンのほうがしっくりくる感じがしていて、個人的にはこちらの方が好きですね。

なぜピーナッツ食べてくなるのか先に説明だけしておくと、ナッツ類を食べると足がこむらがいりするのを防ぐそうです。

suzukaは足のつったかんじで、一日作業しているともう早いこと何とかしてバージョンが、さく裂して仕事どころと違う時がありますから落花生でも食べて(ナッツ類は足のこむらがいりに効くらしいのでこぞって食べていますが真意のほどは正直わからない世界ですね)こむらがいり の予防策として食べています。

ビートたけしさん系の健康番組で放送していたらしく、我が家でも取り入れたのですがバタピーは塩分が多いので却下、うす側付きは論外でうす側がカーペットに落ちて被害を広げているのに正直意味がないのです。

だから落花生を食べているのですが、色々困難なところが存在します。

落花生の皮をむくときに、手で押しつぶすと思うのですがそれが思ったより爆発してぶっ飛ぶ時がありますがこの様なハプニングがあるから面白いのであって、最初から皮がむけている系は好きではありませんから多少のリスクをかけてでも、皮付き落花生を買い続けるのですが最近中国産のピーナッツも値上がりけいこうになってきているので、最近は前ほど食べなくなって来ているので、ほどほどに続けようと思っています。

本当に足のつりに効くのかわからない民間療法よりも、漢方の68番の方が効くのですが民間療法のピーナッツ効果にかけています。

人それぞれに実践している民間療法は違うと思うのですが、民間療法が正直面白いですね。

今回は足がつった【こむらがいり】したら何を実践したら良いか、suzukaは落花生で対策していますが、ピーナッツだけで無くすべてのナッツ類が良いそうなので、一度騙されてと思って実践してほしい対処法です。

漢方の68番は漢方にしては即効性がありすぐ効きます。

68番が切れたので、民間療法のナッツ類療法の落花生で現在挑戦中です。

掃除のめんを考えるとやっぱり漢方の68番をもらいに行く方で進めます。

本日の締め

ナッツ類か薬か考えると漢方の68番の方が優れているので漢方の68番がおすすめです。


期間工ランキング

コメント