これから先の方向性に悩んでます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日はわりと詳しいパソコンパーツの呼び方などを語ってみた suzukaです。

今日はブログ休みたい感じでしたが、続くと書いたので昨日の続きを書きます。

一番難しいのがCPUです。

IntelとAMDの争いになっていますが、こちらも一般人が買うレベルでは、Intelの方がAMDを性能的に上まわっています。

しかしながらAMDの方がコストパホーマンスが上回っていて、夏ぐらいに新型CPUのRyzen2の発売を控えているので、 suzukaは今差があるCPU性能差を大きく上回って来る予感がしています。

噂では今Ryzen2700Xの8コワ16スレッドを上回るとの話があり、AMDはあまりCPUのソケットをいじらないので、 suzuka今あるマザーボードのBIOSアップデートするだけで、Ryzen2のCPUがのせられるとの話があり suzukaの場合は9900Kを買う予定でしたが、この噂を信じてあえてRyzenでの自作を行いました。

CPUの話は長くてIntelの9900Kの性能は高クロックで動くので同じコワ数のAMDの2700、2700Xとの性能差があるのですが実は面白い話、超極冷の液体窒素でオーバークロックしたところ9900Kのベンチマークスコアーになるそうです。

液体窒素で冷却出来る人は限られているので、空想の話レベルだと思うのですが、AMDがIntelを超える話です。

マザーボードはCPUに仕事をさせるパーツでメモリーを追加させてSSD又はHDDを追加してるだけでCPUにグラフィック機能がある場合軽いゲームぐらいなら出来ます。

のグラフィックカードのことを語っているところを参照してもらう方が嬉しいので詳しく書きませんが、NVIDIAの方が性能が上でゲームもNVIDIAが有利なように作られている傾向があるのでAMDが苦戦しているところです。

しかしAMDの方がコストパホーマンスし優れているのですが電気代が高めになる傾向があるので初心者はNVIDIAから入る方がおすすめですが、ゲームをするのならかなりの出費を覚悟する必要になります。

PCでゲームするには、プレステーション4Proが買えるぐらいの出費が必要でRTX2060以上を買う必要がありかなりの出費になります。

suzuka場合は動画編集するつもりなのでRTX2070を購入しました。

コンピュータを動かすには電気が必要ですそこで必要になるのが電源です。

電源にはワット数で規格を表しているので、注意が必要です。

一般的には必要電力の2倍の容量が必要でと言われています。

での初心者の方がいきなり買うのなら750Wぐらいの電源の購入をお勧めします。

つづく。


期間工ランキング

コメント