期間工と派遣社員の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

期間工と派遣社員の違いを語りたくなった suzukaです。

期間工は3年契約の労使関係です。

期間工は2年11ヶ月契約と3年契約が混在しているのですね。

派遣社員は一応期間工では無いので、契約期間は無いですが、ほぼほぼ正社員と同じ仕事を契約が切れるまでしなければなりません。

期間工の場合正社員は、ライン外にいることが多い様に感じてので、仕事が違うから給料違うのは仕方ないと思えたのですが派遣社員は、正社員と同じ仕事をすることもありモチベーションの上げ方が難しいですね。

期間工も配置されたラインで仕事の難しさが異なり、正社員はスイスイできる仕事でも、期間工は特にホワイトカラー出身だと身体が思った様に動かず仕事継続が困難になります。

これは派遣社員でも同じですが、職場の当たり外れで仕事の難易度が異なります。

ホンダの場合1工程に複数人で仕事をする所は、仕事が比較的に楽だそうです。

suzukaがいたところは、作業時間短縮がありギリギリ感が有り、比較的仕事が難しい感じのところでした。

いつかホンダに職場を移すことがあった場合、前回いた所と違う部署に希望したいと思います。

兎に角人手不足深刻な状況の製造業の場合リーマンショックみたいなことが起こらない限り人を選ぶことが今後不可能になると思うので、これからますます盛り上がる期間工需要になると思うので入社祝い金も上がることが予想出来ます。

派遣社員も同じで、今後も人手不足が続く製造業の場合は、時給のアップが盛んに行われて入社祝い金のが発生して、入社祝い金が存在しない会社も入社祝い金を盛り込まないとダメになると思うので今後期待ですね。

派遣社員の場合は仕事内容の見直しが必要になると思います。

同一労働同一賃金がうたわれているので、同じ仕事をさせるのは無理だと思われます。

新しい働き方関連法案で来年からしなければ、ならないいので賃金の格差をどこまで近づけていけるが、今後の製造業の生き残りが掛かっているので楽しみですね。

期間工も10300円もらっている時給も、正社員は同年代の人ならば1.3倍から2.0倍の給与差が有ると思うので、この価格差を何とかしないと今後の自動車産業の生き残りは無いと思います。

新しい働き方関連法案が始まって来年から同一労働同一賃金になるので、今後の製造業の給与関係の話が熱くなると思うと今からワクワクしています。

今後の給与体系見直しが楽しみですね。

終わり。


期間工ランキング

コメント