面接と履歴書と職務経歴書

スポンサーリンク
スポンサーリンク

履歴書と職務経歴書はセットだと思うsuzukaです。

面接と履歴書と職務経歴書のことを書きますが、期間工向けの情報でもありますが、初めて転職をしようとしている人向けの情報でもあります。

 

職務経歴書とは

 

いきなり新卒者に職務経歴書と言っても無理ですが、社会人として一度旅立った人間には、以前した仕事内容をなるべく詳しく書いて転職を有利にするのが、職務経歴書ですが、最近転職を予定されるのであれば必須アイテムに成っているのが職務経歴書です。

以前はこんなものを書く必要が無かったので、suzukaも書いていませんでした。

最近、職業訓練学校に行ったときに、教えてもらい書き方の説明を受けたので、書けるように成ったので、多少転職が有利に動いたこともあったと思います。

履歴書のWeb書き込みサービスも有りますが、まず職務経歴書をパソコンで書きパソコンスキルを見せます。

職務経歴書は、パソコンスキルの展示場みたいなもので、なるべくスッキリ見せ転職回数が多い人は、ページ数なども書き込む方がいいと思います。

職務経歴書の事すらしらない人もいるので、まず職務経歴書を持参することで、転職を有利にする方がお得だと思います。

 

履歴書の書き方

 

今はWebでの書き込みサービスや、wordや一太郎で書いたものを、そのまま印刷する方が楽だと思いますが、せっかく職務経歴書を出したのなら、パソコンスキルを見せたので履歴書を、手書きで見せることによって誠意を見せます。

手書きで丁寧に書かれた履歴書は、その人の人柄を見せる鏡みたいなものです。

手書きで書かれた履歴書は、昔から使われていた手法なので、採用担当の人が年配だった場合は、有利に働く事もあると思われます。

この様な理由から、履歴書は手書きで書くことをお勧めします。

 

面接に挑む姿勢

 

面接だと言ってがちがちに緊張していたら、表情もこわばりますし、眉間にしわが寄ったり面接官のイメージは、あまり良くないと思われます。

人生にとって未来を左右する会社の面接だからこそ、この会社に勤めているイメージで、この面接官が上司ぐらいの考えぐらいの姿勢で行き、ある程度リラックスした姿勢で、面接に挑むぐらいが、ちょうどよいと思われます。

と言っても落ちてもいいぐらいの姿勢で、開き直るのは大きく間違っているので、絶対にやめてください。

suzukaの場合、やっぱり人生を賭けた大一番の面接は、やっぱり緊張してよい結果が得られたことが無いのですが、この会社ならちょっとだけ、手を抜いてもいいかなと、思って手を抜いた会社の方が、即採用なんてパターンもありました。

 

履歴書と職務経歴書はセット

 

決して期間工と言えでも、手を抜くよりも万全を期した方が落ちた時も、あきらめがつきます。

後ほんのちょっとの差で、判定される場合もあると思われるので、競争相手より何か秀でた物を持ち合わせていると思うことにより、精神的に楽な場合もあると思います。

だからこそ履歴書と職務経歴書はセットで、用意して万全の状態で面接に挑む方が良いと思います。

 

履歴書と職務経歴書を用意して面接に挑む

 

上にも書いてありますが、履歴書は手書きで書いてより良い印象にする。

職務経歴書はパソコンで書いて、パソコンスキルを見せる。

万全の状態で挑むことにより心の余裕作りをすることを忘れない。

あまり緊張しすぎない、余裕をかましすぎるのもNGです。

 

職業訓練学校で実践していることなので

 

雇用能力開発機構(職業訓練校)が推進していることなので、実践して間違いないことだと思います。

最近は履歴書と職務経歴書のセットも、かなり浸透してきているので、あまり差にはならないと思いますが、競争相手が履歴書と職務経歴書を、書いてきてる可能性もあるので、相手との差に成らないためにぜひ実践してほしい方法ですね。

特に目新しい情報でないので、リンク等は張りませんでした。

 


人気ブログランキング

コメント