期間工として生きていくには理由ある

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いろいろ捨て行く物の多さに正直戸惑っているsuzukaです。

 

期間工として生きて行くのには、辛い事が最近多い気がします。

まず正社員の道が、閉ざせれているsuzukaにとっては、お金の為だけに割り切り馬鹿になり感情を殺し、ひたすら次から次へと襲い掛かってくるロボットの代わりの作業を、こなす日々を送らなければなりません。

期間工のまま終わる人間には、出世も社内評価も存在しないただ毎日無難にラインでの仕事を、こなすだけの期間工の仕事が、ここまで精神的負担が有り、ここまで厳しいとは正直思っていませんでした。

 

スポンサーリンク

有るのはただ信頼関係だけ

 

1.ライン作業を確実にこなすのが、ラインのでの評価に成ります。

2.ただ毎日与えられるタスクをこなすだけ。

3.早く仕事を覚え仕事が出来る様になったらただ仕事が出来ると思われるだけ。

4,多分この3点を守れる様に(出来るように)成ったら一人前の期間工(作業員S)に成ったと思もわれるだけの存在に

 

目指すはただエンドレスロード(繰り返す日々)

 

1.毎日ラインの中を往復して単純労働をこなすだけの日々。立ち仕事の人もいますが。

2.毎日変わらない景色、毎日変わらない作業。

3.ただ目標の無いエンドレスロードを繰り返すだけ。

4.いつも同じ事を繰り返す与えられたタスクを行うだけ。

5.目指すは、エンドレスロード。

6.必ず出来るインパクトレンチで出来るタコ。

7.山には山頂がないので頂がない。

8.新しいプロジェクトを目標にとかの成果も無いので、仕事が終わった後に来る達成感がなく、どっと押し寄せる疲労感だけです。

 

ただの日常が非日常

 

1.作業員として生きていくだけの日々。

2.誰でもできることを繰り返す日々。

3.補充の人間はいくらでもいる(自分しかできない仕事は存在しない)

4.目標(企業評価)が無いので、本当に目標のない仕事する事は本当に辛い。

5.ロボットでは出来ない仕事をするだけの人間。

 

約2時間計4回が終わるのを待つだけ

 

1.労働単価にあった仕事の厳しさ。

2.2時間おきに来る休憩を目指すだけの労働。

3.約2時間4回の労働が終わる時間を待つだけの1日。

4.ロボットのようにひたすら繰り返す約2時間計4回が待っている日常。

5.体力負担も大きい。

6.精神も病む。

 

それでも期間工として生きていくしか道がない

 

いろいろマイナス面しか書きませんでしたが、suzukaが選んだ道ですから、頑張るしかないのです。

それでもただ生きて行くしか道がないので、与えられた仕事を黙々と、永遠に繰り返すしか道がありません。

とにかく頑張るしか道が無いので、一刻も仕事に慣れて独り立ちをして行くしかないのです。

今までしてきた仕事とはあまりにも違うので、正直戸惑っていますが、周囲が反対する中自身が望んで選んだ道なので、これからもただ与えられた仕事をこなすだけですが、とりあえず3年頑張ってみます。

次から次へと襲ってくる仕事を、ただ繰り返すだけと思ったのは、今回が初めてなので任天堂の下請けじだいもありましたが、正直戸惑っているので悲観的になりましたが、日々精進の姿勢で行くつもりです。

初めてした仕事は丁稚のような仕事だったので、ぱいせんの動きをよく見て覚えるしかないのです。

ワーキングプアからの脱出が目標で、期間工としての道を選んだのでこれしかないのです。

ホンダの場合は3か月更新なので、3か月計4回×3年出来るように、とにかく最初の3か月を目標にやるしかないのです。

ブラック企業ではないので、バックレるつもりもないですし。

本田技研工業株式会社鈴鹿製作所自体は良い会社ですが、suzukaが配属された工程が、予想以上に体に負担が有ったので、ぼやいてみました・ボヤッキーです。

期間従業員(期間工)のネガティヴキャンペーンでは有りませんので、情報が「suzuka@頑張りすぎだよ言葉だけが」の鬱ブログになっているので、情報の正確な取り扱いに注意が、必要になる場合がございます。

 

 


人気ブログランキング

コメント