期間工に成るときの入社季節について考えた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. なんか最近八方ふさがりのsuzukaです。

 

何も書くことが無いのですが、ブログを始めた時の目標の100エントリーまではあがいて書くと決めたので無い知恵絞って何とか書いてます。

今回は期間工に成るタイミングを考えたのでいろいろ語りますね。

 

スポンサーリンク

入社時期について考えました

 

そうなんです入社時期による退社の量について考えてみました。

それと違っても動きまくる自動車会社の工場の仕事です。

グレー系のアンダーシャツを着ていくと必ず潮を吹いてます。

あまり汗をかいた記憶が無いのですが、アンダーシャツがまだ5月だというのに真っ白になり乾燥してます。

汗が乾燥して塩が残っている感じになります。

suzuka自身はアイロンの下で仕事した経験が有るので、暑いのと蒸し暑いのは慣れているので、正直何とも思いませんが、慣れていない人が夏の暑さで精神的にやられていくのか想像がつきます。

suzuka自身まだ夏をホンダで送ってないのでどのぐらい暑くなるか不明ですが、アイロンの下で働いた異常な経験から多分問題なく過ごせると思われます。

暑さに弱い人は多分夏入社はしない方が得策ですが、いずれ夏は来るのでまず先に夏から経験して案外大丈夫と思う方がいいかもしれません。

 

秋入社

 

多分一番過ごし易いと思われます。

夏のくそ暑い季節を経験した後に、入社した場合は大した負担は感じないかもしれませんが、溶接工程に配属されたら、どの時期でも多分同じだと思われます。

エンジンとかの型に流す工程に配属された場合は多分ご愁傷様です。

お疲れ様です。

アイロンの下で働くのと同じぐらいきついでしょうね。

でもホンダで観たと思われるエンジン工程かトランスミッション工程の、けたたましくアラムが鳴っていた部門は、まだドアが開けっ放しだっただけsuzukaの経験したアイロンの下で仕事した経験よりましだと思われます。

 

冬入社

 

寒くて動きが緩慢になる時期ですし、人間の敵でもあるインフルエンザにかかる可能性が有るので注意が必要ですね。

ホンダの場合生活準備立ち上げ金2万円が、休日買い上げを除く連続10日間無遅刻無欠勤でないと貰えないので、もしホンダでインフルエンザウイルスが蔓延している時に入社すると、インフルエンザウイルスの餌食に成ってしまったらもう大変です。

貴重な2万円が無くなる危険が多く存在する季節なので注意が必要ですが、工場内が暑くなることはまずないと思われるので、暑さにやられて退社みたいなケースは無いものだと思われます。

暑さが苦手で風邪をひいたことが無いというような方は、冬入社いいかもしれませんが、suzukaの場合ですが2年連続インフルエンザワクチンをうったにも関わらずインフルエンザかかっているのは内緒ですが。

 

春入社

 

寒さが去って温かくなり始めた心ウキウキする季節です。

桜も咲き本当にウキウキです。

それだけでお得感有ると思いますし、日給労働者にとって天敵のインフルエンザウイルスの猛威も去り多分休むリスクも、少なくなるので生活準備立ち上げ金2万円がもらえる可能性が高い季節に成ると思われますが、まだ隠れインフルエンザウイルスいるので注意が必要です。

気候的にも気温的にも過ごしやすい季節なので、工場での労働も安易になること請け合いです。

suzukaは経験済みなので春入社お勧めですが、そんなに待っていられないので入りたい時が入社時期に成ります。

 

夏入社

 

間違えなく暑いと思われます。

暑いので体力が消耗すると思われますし、汗で作業服が体にくっついてかなり不快な時期だと思われます。

生活準備立ち上げ金2万円は暑さで、自身の精神がやられなかったら間違えなくもらえやすい季節だと思われます。

夏の工場は汗との闘いが有ると思われるので、かなり不快な季節に成ると思われるので、本当に工場勤務の辛い季節なのは間違えないですね。

スポットクーラーの下で一日仕事することはライン工なら無理ですからね。

立ちっぱなしの仕事に成った人はラッキーな季節かも知れませんが、足がむくみ足裏が痛くなるのでどちらも辛いですが。

 

本日の締め(まとめ)

 

今回は特に生活準備立ち上げ金2万円がもらいやすい季節と、夏は多分厳しい事に成る事が予想できることを書いてますが、感じ方は人それぞれなので入社したい時が入り時と言うのが正直な感想ですが、人間何が有るかわかりませんから風邪だけは注意したいですね。

エアコンで蒸し暑いとか、単にくそ暑いとか経験した事が無い人には夏が鬼門に成りそうですが、入ってしまえば何とかなると思われるのでご自身で何とかしてください。

どの時期に入社しても合わない人には、何をしても合いませんし退社するのが得策だと思います。

無理して精神を病んでしまうと死に至る病に成る事も有るので注意が必要ですね。

 

いぬ
いぬ

ではまたよろしくお願いします。

 


人気ブログランキング

コメント