XC-HM86レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
デジモノ

また買っちゃったsuzukaです。

 

 

SC-HC1000を買ったばかりなのに、XC-HM86を買った理由簡単です。

 

 

 

それは、オーディオバカですから・・・・・残念

 

スポンサーリンク

XC-HM86レビュー

 

アンプ部には、D級アンプが使われています。

suzukaは、このD級アンプが好きなのです。

D級中華アンプをかなり保有しているので、D級アンプ自体に何の抵抗も無いのです。

D級アンプは、カーオディオに使われているアンプと考えてもらうと説明が楽なのですが、フルサイズオーディオと比べると非常にコンパクトに出来るのが特徴です。

フルサイズオーディオと比べると、音が貧弱になるのでは無いかと思われますが、カーオディオがフルサイズオーディオに負けているかと考えると正直同等だと思われます。

真空管アンプも、持っているのでD級アンプが秀でているかと聞かれると、正直わからないと答えるしか無いですね。

D級アンプで作られているので非常に、コンパクトに出来ているのが特徴です。

wi-fi接続も出来るのでradiko.jpも視聴出来ます。

SC-HC1000は、radiko.jpに対応してないのが難点だったのでと思ったのですが、Bluetooth経由で使えばわー考えない。

CDがトレー方式なので、CDの内側に傷が付かないとかのメリットがあります。

ラジオがFM/AM共に綺麗に聞こえる。

自分の好きなスピーカーで音楽が聴けるのが、最大のメリットで有ります。

スピーカーとセットの格下モデルのX-HM76が有るのですが、スピーカーが付いて格下て言う事はアンプ部分とか、CDとかラジオチューナー部とかのコストダウンされているか想像出来るので、XC-HM86優位性が簡単に解ったので上位モデルを購入しました。

そもそも音が鳴るのはスピーカーなので、いくらアンプ部が良くてもスピーカーが貧弱だと、全て台無しにするのですが難しい所なのですが。

 

アプリケーション

 

Pioneer Remoto Appと言うもが有るのですが、本当にリモコンです。

何も出来ません。

Panasonic Music Streamは、かなり優秀なアプケーションだったので、所詮Pioneerかと思う出来でした。

多分アプリケーションの方向性が、違うのだと思います。

Panasonic Music StreamはSC-PMX150だと良い組み合わせなのかも知れません。

 

液晶モニター付き

 

これが最大のこの商品の売りでは無いでしょうか。

モニターでいろいろ確認できるのは楽なので、3.5インチカラー液晶がかなり役に立っています。

Wi-fi設定モニター見ながら設定出来るので、楽ですしまだ使っていないので正直よくわかりませんが、e-ONKYOでの音楽データの購入の際にかなり楽に購入できるのでは無いかと思っています。

 

 

HDDオーディオ

 

 

リアにあるUSB端子に接続出来るので、本当にエンドレスに楽しめると思います。

e-onkyoで購入した楽曲もHDD(確実)とUSBメモリー(たぶん)にも入れることが可能なので、パソコンレスでも楽曲のデータが保存可能になります。

 

まとめ

 

ネットワークオーディオとしては、かなり優秀な事は間違いないと思います。

現代のオーディオシーンでは欠かせなくなって来ているD級アンプ搭載でコンパクト&高音質で比較的安価で作られている印象です。

すでにスピーカーを持っているまたは、好きなスピーカーが有るのでセット購入するのが、いやだと思う人には最高の選択になると思います。

Bluetoothで繋げばスマホと接続出来るので、Hi-Res対応商品ならHi-Resでの音楽を聴く事も出来るのが優秀です。

Wi-fi接続でネットワークオーディオとしても使える。

ネットラジオを聴くことができる。

DTS-play-Fi対応。

ヘッドホンも低ノイズの高性能アンプ搭載でヘッドホン再生時余計な回路を停止して、高音質で音楽が楽しめます。

伝送ロスの少ない金メッキ端子を使用しているらしいのですが、高性能ケーブルとハンガーの針金ブラインドテストの話を知っていると、正直魅力には感じませんが。

 

 


人気ブログランキング

コメント