絶対無理社畜にはなれない

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実は、かなりの仕事嫌いのsuzukaです。

 

そうです絶対に社蓄になる事は、元々無理なのでいろんな縛りが少ない期間工をしているので、会社に縛られることだけは絶対にしたくないのです。

会社勤め人間としては失格なのかも知れませんが、所詮期間従業員(期間工)なのでズル休みもします。

絶対多分!?

て事で何時もの様に会社をズル休みをしない為にしておくと良い3つの方法なんか書きません。

絶対にズル休みしますし、胃腸風邪も引きやすい体質なので胃腸風邪だなと思ったら、長期化しない為の予防的ズル休みしますので本当に勤勉ではないです。

そもそも勤勉な人間がバックレで会社を退社なんかしてないですしね。

それがsuzukaらしい生き方なので、反省する気も毛頭ないですしね。

そんな感じに進んでいながらも、いつものように目次を作る作業を進めます。

 

スポンサーリンク

期間従業員(期間工)であるメリット

 

会社の経営理念とかに全く知らずに会社勤めが出来る点。

会社と言うプレッシャーに押しつぶされないある程度融通が効く自由業。

出世と言う言葉が無用で全く責任意識を持つ必要が無いが、命を乗せている工業製品を作っている自覚は忘れては絶対ダメ。

ライン工なので代わりならいくらでもいると言う立場上ある程度自由が利く点。

上司または部下と言う関係がほとんど存在しないので、人間関係であまり悩まない。

所詮期間従業員で終わると思われるこれからの人生なので、人生を大きく変える様な責任感が強すぎる仕事したくないです。

思いどうりの期間働く事が出来るただし2年11か月(ホンダは3年)の間ですが。

会社によるのですが、高い更新料をもらうことが出来る。(ボーナスと考えられるので楽しい)

社食が無料ホンダの場合。

ホンダの場合寮費が無料な上光熱費も無料。

食事補助手当13000円もらえる。

ズル休みしても個人管理の世界なので、責任意識をあまり持たなくてもよいがただし

給与は減る。

suzukaが個人的な見解でピックアップした事です。

 

期間従業員(期間工)のデメリット

 

期間工であるためのモチベーション
ちょっとミスしてへこんでるsuzukaです。 まだ入社したての教育期間中のミスなので、多分大したことではないと思いますが、寝不足が理由なんて言えません。それもブログ更新で悩んでたなんて言えないですが、寝不足が原因なので今後は早く寝よう...
期間工であるためのモチベーションの維持
昨日のブログを消してしまったので、本日2回目のsuzukaです。 suzukaの場合は昨日のブログでも、今日のブログになっていますが、大貯蓄生活の開始を宣言して、期間工としてのモチベーション上げることをのべていますが、もう一つモチベー...
期間工であるためモチベーションその2
昨日の記事あやまって消してしまったのでかなりへこんでいるsuzukaです。 4/14記事復活出来ました。よかったよかった。 昨日ミスした時にふと思ったことを書いたのですが、大体は覚えてますがなんとなく書いたことなので詳しくは覚え...

最長で多分ホンダで3年しか務めることが出来ないので、気に入った部署でも気に入った人間関係を構築しても、期間を過ぎるとほれそれまでよと退社しないといけない。

いくら優秀な人間でも正社員に成れない基準の人間は、出世できないし評価基準もないのでダメ期間工とも同じ給与で働かせる事が強いられるので、高いモチベーションを維持できない。

仕事を覚えても期間終了と共に会社に、インパクトレンチの感覚以外は置いていかないとダメ。

休むと満了一時金とかがもらえなくなる。(会社によって言い方は違いますが)

大病で入院とかすると更新してもらえない可能性が有る。

リフレッシュ休暇が存在しない。

有休が最大12日しかない。

愛社精神が沸かないがその代わりに社畜に成る必要がない。(これはメリットで有ったりデメリットであったりします)

組合が存在しないので個人で身を守る必要が有るが、マツダには組合が有るらしい。

社内貯蓄を利用できない。

株式優待購入も出来ないと思われます。

上記2点は自信ないです。

とりあえずsuzukaが感じていることをピックアップしました。

 

本日の締め(まとめ)

 

正社員に成りたくて準社員と言う名目のバイトの延長な様な、時給850円という低い単価で我慢して働いていた時期から比べると、日当10300円もらえる上プレッシャーから解放された感は半端ないが期間従業員(期間工)の良いところですが。

その代わりに与えられたタスクを、確実にこなす集中力を常に持つという初めての経験をしているので、プレッシャーを与えられている事実はありますが。

お客さんの命を乗せる物を作っているという自覚を、常に持ち合わせないとダメな所が負担ですがね。

その分技術を持たない人間が、大工の中堅の職人並みの給料をもらうことが出来る。(個人経営の所ですが)

そこそこのプレッシャーの中で高い給与を、もらいたい人向きの職業だと思います。

こんな感じで本日は終了です。

 


人気ブログランキング


日記・雑談ランキング

コメント